スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川村カオリ HIKAGE

去年の7月28日に亡くなった川村カオリさん。

パンクバンド 「 THE STAR CLUB 」 のHIKAGEさんが、

カオリさんの最後を看取っていたことを知りました。

今更ではありますが。

元々2人は付き合っていました。

事情があり1度は別れていたが、結局最後まで離れられな

い関係だったのか。

いい意味での腐れ縁なのか?

カオリさんがなくなったことについて、HIKAGEさんはブログ

に下記のような投稿をしている。





「 ここ数週間、都内にいれたほとんどの日、通い 詰めた病室。


  奇跡を信じ切っていたから、心の準備はまったくしなかった。


  その日早朝、携帯のエマージェンシーコールで駆けつけてか

  ら1時間20分。


  握り締めた手、呼び続けた名前。


  いつもの会話の中なら本来その役割は逆になるはずだった。


  必要な時には互いにいつも必ず傍にいた。 


  20年ちょいを共にした最愛のベストフレンドを失った。


  人生の大きなパーツが永遠にかけた。


  奇跡を起こさなかった神を憎むべきか、最後をみとれた幸運

  に感謝すべきかは判らない。


  判るのは・・・.昨日を思えば想い出に心は切り刻まれ、明日を

  探せば空虚さにただ苛まれる・・・


  癒せない傷と向き合う時、それを忘れようとするのではなく、あ

  りったけの痛み全部を抱え込み、その心の受け皿を大きくする

  しかない・・・それだけだ。 


  葬儀まで、長く余りにも短い4日間が終わった。


  男女区別なく彼女の為に流される涙の多さを見ながら、彼女が

  回りの人々にあげた愛の大きさを噛みしめた。


  いつも彼女は愛を欲しがっていた。


  それ以上に愛を人に与え続けて来た。


  そして聖母マリアを見上げながら、最後の最後まで愛を信じ続

  けていた。  」





詩人である。



一見荒々しいようなイメージもあるHIKAGEさんであるが、この

ような繊細な言葉を残せるなんて、まさにアーティストである。



「 癒せない傷と向き合う時、それを忘れようとするのではなく、

  ありったけの痛み全部を抱え込み、その心の受け皿を大き

  くするしかない・・・それだけだ。 」



本当にそうなのである。



悲しみは、悲しみを最後まで悲しみ尽くした者にしか理解でき

ないものである。



HIKAGEさんは、そういうことを本能的に感じ取る事ができる人

なんでしょう。



HIKAGEさんの、アーティストとしての別の顔を見ることができた

ような気がします。


人気ブログランキングへ






Insight CD(インサイトCD)★試聴可


本気で成功の9ステップ


エンジェル・チューナーで願いを叶える




スポンサーサイト

テーマ : ロック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

スポンサードリンク

tazext

Author:tazext
夢を実現した自由人。
目標実現を目指す人達のサポートをするために、或いは自己満足の為に、或いは、世界の幸せの為に生きる自由人です。

会津若松出身の30代です。






ダイエット





フリーエリア
最近の記事
スポンサードリンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。